分け目の薄毛

スポンサーリンク

分け目の薄毛

分け目が最近薄くなってきた、分け目の地肌が目立つようになってきて気になる。髪が細くてスタイリングがまとまらないなど、分け目の薄毛に悩む女性は増えています。

 

対処法ですが、まず、やってない人は、髪の分け目を変えること

 

これを試してみましょう!いつも同じ分け目でいるとその部分にだけ負担がかかってよくないですよ。

 

これは生え際でもいえることですが髪をアップにしたりポニーテールにしたり同じ髪型ばかりで結んでいると分け目や生え際が薄くなる傾向がありますので注意。

 

そこでまずは気になる箇所を目立たなくしておいて、根本的に改善していきましょう!じゃないとまたその分け目が薄くなってしまって次から次へとかえて、最終的に全体が薄くなってしまっては元も子もありませんよね。

 

次に女性の薄毛の原因を紹介しますのでそこからみなさんそれぞれの原因をさぐってみて対処していってください。

 

女性の薄毛の原因・予防・対策

 

食生活がよくないことが原因

脂っこいものばかり(高カロリー・高脂肪)を食べているとコレステロールや中性脂肪がふえ、頭皮の毛細血管を詰まらせてしまう。
髪によい食べ物(ゴマなど)和食中心の食事にきりかえてきましょう。

 

生活習慣が悪い

睡眠をしっかりとる、タバコをやめる、お酒の量に気をつける
髪がしっかり育つのは夜11時ぐらいから2時ぐらいといわれています。
また冷え性も抜け毛の原因のひとつといわれています。

 

ヘアケアの間違い・頭皮のケア

間違ったシャンプーの仕方はしてませんか?女性の場合は洗いすぎが原因のことも多い。
同じようにドライヤーの当てすぎも髪に負担になります。カラー・パーマの当てすぎも髪を痛め、薄毛の原因に後々つながることも。
カラーリング・白髪染めなどで頭皮がぴりぴりするのはやはり髪に負担です。

 

頭皮マッサージなどをして頭皮もケアしてあげましょう。健康な頭皮から健康な髪もうまれます。

 

加齢によるもの・老化

老化というのはどうしてもさけられないですが、髪に良いサプリメントを取ったり、体を動かして運動したりして老化を遅らせることは、努力でできます。
最近はアンチエイジングがすごく発達してるのでさまざまなケアを30代のうちから早めにしましょう!

 

女性ホルモン

加齢によるものとの関係もありますが、若年性更年期障害など、30代から40代は女性ホルモンのバランスが崩れやすくなってます。
それに伴い髪がよく抜けるようになる女性が多いです。
病院で適切に薬を処方してもらうなど対応していきましょう。
また産後一時的に脱毛してしまう人もいますがこれもホルモンのバランスが崩れることによります。

 

ストレス

女性は、仕事だけでなく、育児や家事などさまざまストレスと日々たたかっていますよね。ストレスをためすぎないように、息抜きも必要。

 

過剰なダイエット

あまりに低カロリーの食生活(ダイエットが必要でない人が)を続けていると体に負担がかかり、異常な脱毛を引き起こすことがあります。
髪の毛に栄養がいかないと、薄毛や白髪が生えたりの原因のひとつともなります。

 

分け目の薄毛の対処法

上記の生活習慣以外の原因とあわせてこちらの髪や地肌のケアも考えていきましょう!

シャンプーを見直す

薄毛に悩む人はシャンプーはノンシリコンがオススメ。
シリコンが入っていると頭皮をビニールコーティングしてしまうので、毛穴も詰まってしまい、薄毛、抜け毛、細毛、かゆみなどの原因になります。
同様に、頭皮に付く可能性のあるトリートメント類もノンシリコンが良いです。毛先だけに使うアイテムなら、シリコンが入っていてもそこまで問題はありません。

 

また洗浄力の強すぎる硫酸系のシャンプー(成分にラウリル硫酸ナトリウムなどが配合されているもの)も頭皮に負担が大きいので、アミノ酸系を選んでください。

髪に良いシャンプー・悪いシャンプーはこちら

 

育毛剤を使う

うまく地肌をケアする育毛剤や髪が増える育毛剤をつかいながらこれ以上抜け毛がふえないだけでなくプラスアルファの髪のケアをしていきましょう!

女性用育毛剤


スポンサーリンク

page top